読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ::=(メモ|落書き)帳

ででででーん!!

Ubuntu 12.04にOracle Java 7を簡単にインストールした。

Ubuntu Java

Ubuntu 12.04をクリーンインストールした。
んで、Oracle Javaのインストールで以前に書いたUbuntuにOracle Java JDK 7をインストールした。 - ブログ::=(メモ|落書き)帳より、もっと簡単な方法があったのでメモしとく。

インストール手順は次の3つを行うだけ。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer

インストールできたか確認する。

$ java -version
java version "1.7.0_04"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_04-b20)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 23.0-b21, mixed mode)

$ javac -version
javac 1.7.0_04

ちゃんと最新のJDKがインストールされました。

この方法はこちらのブログで知りました、感謝!
http://d.hatena.ne.jp/Kazuhira/20120429/1335684623

以上。

コマンドラインでのキー操作が覚えられない。

Linux

bashコマンドラインで使えるキーコマンドの一覧を整理する。

なかなか覚えられないのでコンソールでは使うことを意識したい。

移動系

キー 説明
Ctrl + A カーソルを行の先頭へ移動
Ctrl + E カーソルを行末へ移動
Ctrl + B カーソルを一文字左に移動
Ctrl + F カーソルを一文字右に移動
Alt + F, Esc F カーソルを1単語右に移動
Alt + B, Esc A カーソルを1単語左に移動

削除系

キー 説明
Ctrl + D カーソル一の文字を削除
Ctrl + K カーソル位置から行の終わりまでを削除
Ctrl + U 行頭からカーソル位置の直前までを削除
Ctrl + W, Esc BS カーソル位置から単語の先頭までを削除
Alt + D, Esc D カーソル位置から単語の終わりまでを削除

その他

キー 説明
Ctrl + Y 直前で削除系コマンドで削除した文字列を貼り付け
Ctrl + P ヒストリを一つ戻る
CTRL + N ヒストリを一つ進む
Tab コマンド補完
CTRL + L ターミナルをクリア

Eclipseのコード補完でコーディングを楽にしよう。

Eclipse

Eclipseにはコーディングを楽にするためにコンテンツアシストという機能があります。
コンテンツアシストは、Javaエディタ上で「Ctrl+Space」を押すことで使用でき、クラス名のメソッド名など、何かと補完してくださるありがたい機能です。
また、コーディングパターンをJavaエディタのテンプレートとして登録しておくことで、そのテンプレートからソースコードの補完もできます。
このテンプレートをうまく使いこなすために、デフォルトで組み込まれているJavaコードのテンプレートを調べてみました。
なお、テンプレートは新たに追加登録することが可能です。

設定

Javaエディタのテンプレートは以下の場所で編集、追加、削除ができます。

「Window」→「Preferences」
「Preferences」 → 「Java」 → 「Editor」 → 「Templates」

コンテキスト

Javaエディタのテンプレートは以下のコンテキストを持ち、テンプレートが有効になる範囲を定義します。

  • Javadoc
    • Javadocコメント内で補完するテンプレート
  • Java
    • Javaコード内で補完するテンプレート
  • Java type members
    • Javaの型のメンバー(フィールド、メソッド)を補完するテンプレート
  • Java statements
    • Javaの命令文内で補完するテンプレート
  • SWT
    • ビルドパス上にSWTがあるJavaコードで補完するテンプレート
  • SWT type members
    • ビルドパス上にSWTがあるJavaの型のメンバー(フィールド、メソッド)を補完するテンプレート
  • SWT statements
    • ビルドパス上にSWTがあるJavaの命令文内で補完するテンプレート

使い方

テンプレートの使用はテンプレートの名前を入力してコンテンツアシスト(「Ctrl+Space」)を行うとテンプレートの候補される。
以下の図のように右のポップアップには補完時のコードが表示される。
f:id:radian19831019:20120206002518p:plain

Enterを押すと表示されていた内容が補完される。
f:id:radian19831019:20120206002941p:plain

テンプレート

以下にコンテキストごとに、デフォルトで含まれているテンプレートの名前と説明を列挙します。

Javadoc
名前 説明
@author author name
<b> <b></b>
<code> <code></code>
<i> <i></i>
<pre> <pre></pre>
active_task active task
false <code>false</code>
null <code>null</code>
true <code>true</code>
Java
名前 説明
catch catch block
fall-through $FALL-THROUGH$ marker
nls non-externalized string marker
runnable runnable
toarray convert collection to array
Java type members
名前 説明
main main method
private_method private method
private_static_method private static method
protected_method protected method
public_method public method
static_final static final field
test test method
Test test method (JUnit 4)
Java statements
名前 説明
arrayadd add an element to an array
arraymerge merge two arrays into one
cast dynamic cast
do do while statement
else else block
elseif else if block
for iterate over array
for iterate over array with temporary variable
for iterate over collection
foreach iterate over an array or Iterable
if if statement
ifelse if else statement
instanceof dynamic type test and cast
lazy lazy creation
new create new object
switch switch case statement
synchronized synchronized block
syserr print to standard error
sysout print to standard out
systrace print current method to standard out
try try catch block
while iterate with enumeration
while iterate with iterator
while while loop with condition
SWT statements
名前 説明
addlistener add a listener to a Widget
Browser new Browser
Button new Button
Combo new Combo
Composite new Composite with GridLayout
DateTime new DateTime
execute execute a runnable in the UI thread
ExpandBar new ExpandBar
ExpandItem new ExpandItem for an ExpandBar
GridData new GridData for a Control
GridLayout new GridLayout for a Composites
Group new Group with GridLayout
Image new Image
Label new Label
Link new Link
List new List
mainloop new top level Shell with event loop
SashForm new SashForm
Scale new Scale
ScrolledComposite new ScrolledComposite
Shell new Shell
Spinner new Spinner
StyledText new StyledText
StyleRange new StyleRange for a StyledText
TabFolder new TabFolder
TabItem new TabItem for a TabFolder
Table new Table
TableColumn new TableColumn for a Table
TableItem new TableItem for a Table
Text new Text
ToolBar new ToolBar
ToolItem new ToolItem for a ToolBar
Tree new Tree
TreeColumn new TreeColumn for a Tree
TreeItem new TreeItem for a Tree

UbuntuにOracle Java JDK 7をインストールした。

Ubuntu Java

PartnerリポジトリからのSun JDK6の提供終了
これまでCanonicalのpartnerリポジトリから提供されていた,Oracle Sun JDK6パッケージ(*sun-java6*)の提供が終了になりました。

http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/201112/23

とうわけで以下のサイトを参考にして、Oracleの公式ページからJava JDK 7をインストールした。
http://askubuntu.com/questions/55848/how-do-i-install-oracle-java-jdk-7

以下のOracleのダウンロードページからJdkをダウンロードする。32bit用Linux向けの"jdk-7u2-linux-i586.tar.gz"を選択した。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍する。

tar -xvf jdk-7u2-linux-i586.tar.gz

解凍したディレクトリを/usr/libに移動する。

sudo mv ./jdk1.7.0_02 /usr/lib/jvm/jdk1.7.0

以下のコマンドを実行する。

sudo update-alternatives --install "/usr/bin/java" "java" "/usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/java" 1
sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javac" "javac" "/usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/javac" 1
sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javaws" "javaws" "/usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/javaws" 1

さらに以下のコマンドを実行する。

sudo update-alternatives –config java

どのJavaを使う聞かれるのでjdk1.7.0を選択する。ここでは2を選択した。

 $ sudo update-alternatives --config java
 alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。
 
   選択肢    パス                                    優先度  状態
 ------------------------------------------------------------
 * 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      自動モード
   1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      手動モード
   2            /usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/java             1         手動モード
 
 現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2

JDK7がインストールされたことを確認する。

$ java -version
java version "1.7.0_02"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_02-b13)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 22.0-b10, mixed mode)

以下のコマンドを実行して上記と同じように設定する。

sudo update-alternatives --config javac
sudo update-alternatives --config javaws

Amazon.co.jpアソシエイトやってます!